お菓子作りの基礎知識 卵について 卵白、卵黄が残った時の利用法  会津のお菓子教室Cakes&Tea
カントリーキッチンでお菓子作り&ティータイムを… 
お菓子教室Cakes&Tea
(ケーキ&ティー)残りの卵黄、卵白
 
 卵白があまると流しに捨ててしまうという声をよく聞きますが、流すことは、環境にとっても悪影響を及ぼします。
 卵白は、冷凍できますので卵白で作れる料理やお菓子をいくつか覚えておくととても便利です。
 卵黄は冷凍すると、固まってしまい解凍しても元の状態に戻りません。でも、その状態を活かして卵黄を1週間くらいみそに漬け込めば、潰れずにごはんに合う1品が簡単に作れます。
 又、お菓子に使うなら卵黄1個に対し砂糖10gを混ぜてからラップに包んで冷凍すれば、常温で元の状態に解凍します。
 いずれもレパートリーを増やして是非、使いこなしてください。
 
 
 我が家では、教室で使用した残りのたくさんの卵白を一度も捨てた事はありません
 卵白を使用するお菓子(ホワイトマドレーヌ、フィナンシェ、フリアン、チュイール、ダコワーズ、マカロン、シュクセ生地etc...)を作ったり、料理にも全卵の代わりによく使います。みそ汁、炒め物、サラダにもよく使いますが、いつも4個分ずつまとめて冷凍することが多いため、卵白を素揚げして、しょうゆ味のだし汁と大根おろしをかけて食べたり、ぎせい豆腐の作り方で全卵変わりに卵白のみで作ったり…卵白の定番メニューが多くなりました。さらに…単純ではありますが、カレーやラーメンの付け合せにはゆで卵の代わりに喉越しがつるんとした卵白焼きを添えています。

  
 卵白、卵黄を冷凍する際は、1個分づつならラップに茶巾に包んで小さな器に入れて冷凍し、固まったらタッパーやフリージングパックに入れて保存し、できれば2ヶ月を目安に使ってください。我が家では卵白は4個分まとめて作るお菓子や料理が多いので、ポリ袋に入れて保存しています。
お菓子作りの基礎知識にもどる